「逆流性食道炎」どんな病気?

「逆流性食道炎」とは、胃酸が逆流することで、食道の粘膜に炎症が起こる疾患です。

 

胃酸によって食道の粘膜が溶けて、びらんや潰瘍が生じます。

 

胃酸が多い「胃酸過多」の人がなりやすい疾患で、肉食系で酸分泌の多い白人に多く見られていましたが、

 

食生活の変化に伴って、近年では日本人にもどんどん増えています。

 

逆流性食道炎の症状は、胸やけ、げっぷ、胸の痛み、お腹が張る、酸っぱいものが上がってくる(呑酸)、

 

逆流した胃酸で喉に炎症が起こり、ひどくなると食べ物が飲み込めなくなったり、声がかれることもあります。

 

これらの不快な症状は、時として日常生活にも支障をきたすことがあるので、生活習慣の改善が必要です。

逆流性食道炎になる原因

 

 

逆流性食道炎になる原因は、

 

 脂肪分の摂り過ぎ・・・胃酸を増やし、逆流を起こしやすくする。

 

 タンパク質の多い食事・・・消化に時間がかかるため、胃液の逆流が起こりやすい。

 

 肥満・・・腹圧で、食道裂孔ヘルニア(胃が食道側に飛び出した状態)になりやすい。

 

 背中が曲がっている人・・・腹圧が強くなり、胃酸が逆流しやすい。

 

 アルコール・・・下部食道括約筋が緩み、胃酸の分泌が増えるので症状を引き起こしやすい。

 

 加齢・・・下部食道括約筋の機能が低下してゆるむため。

 

などが挙げられます。

 

放置すると、潰瘍に進行したり、食道がんのリスクも高まるので、胃腸科や消化器科を受診しましょう。

 

 

 

逆流性食道炎は、胃から上がってきた胃酸で食道の粘膜が炎症を起こし、

 

げっぷ、胸やけ、喉の違和感、胃痛、呑酸などの症状を伴う疾患です。

 

以前は、中高年の人によくみられましたが、最近では20〜30代の若い人たちに増えてきています。

 

それは、食生活の欧米化が大きな原因の一つだからです。

 

他にも、ストレス、暴飲暴食、肥満、加齢などが挙げられます。

 

胸やけがすると「食べ過ぎ?」と思って、放置してしまいがちですが、逆流性食道炎を放置すると危険です。

 

 

逆流性食道炎を放っておくと危ないです。

 

「たいしたことない」と勝手な自己判断をしてしまうと、食道の炎症が慢性化してしまい

 

食道ガンを発症するリスクが高くなってしまいます。

 

また、食道の粘膜が胃の粘膜に変化してしまう「バレット食道」や、潰瘍ができて吐血したり、

 

食道内がデコボコで食道内が狭くなる「狭窄」を起こします。

 

逆流性食道炎の場合、薬を服用したからすぐ治るものではありません。

 

バランスの良い食事などの生活習慣の見直しが重要になります。

 

1日3食を決まった時間に摂るのが理想です。その際、ゆっくり噛んで腹八分を心掛けましょう。

 

脂っこいもの、甘いもの、アルコールは控えるのが鉄則です。

 

タバコの出来れば禁煙し、ストレスを溜め込まないよう、適度な運動などで発散しましょう。

 

 

逆流性食道炎薬ランキング

 

生薬製剤イツラック
 

 

薬に頼りすぎたくない人におすすめ!

生薬製剤イツラックは、厚生労働省の認可のある指定医薬部外品です。

胃の痛みや不快症状、体調不良に効果的なに加えて、原料が漢方(生薬)で使用されているので副作用の心配がないのが安心!

 

価格 成分
初回2,980円(税込・送料込) 90粒(約1ヶ月分) ケイヒ・チョウジ・ウイキョウ

 

 

>返金保証あります<

 

大正製薬 大正漢方胃腸薬

 

価格 成分
1,934 円 約16日分 安中散・桂皮・延胡索・牡蠣

 

 

第一三共 第一三共胃腸薬

 

価格 成分
1,213 円 約21日分 タカヂアスターゼN1・リパーゼAP12・アカメガシワエキス・カンゾウ末

 

生薬製剤イツラックがおすすめなのは、生薬が主成分だから継続することで予防と改善が期待できますね。

 

漢方薬は苦いイメージがありますが、イツラックはカプセルタイプなので飲みやすいと評判で

 

胃もたれ、胃のむかつき、二日酔い、嘔吐などに効果効能があるとされています。

 

●においが気にならず、飲みやすいです。胃酸が逆流するときの不快感がなくなりました。(40代 女性)

 

●食後の胃もたれが改善されました。(50代 女性)

 

●慢性胃炎で根本的に改善したいときに見つけたイツラック。生薬配合なので安心して続けられました。

 

 胃痛が起こらなくなり、ストレスにも強くなった気がします。(40代 女性)

 

●1日あたり約99円とお得で、体にも安心の生薬なので、体質を改善するには最適です。(30代 女性)

 

・・・など、多くの口コミが寄せられています。

 

逆流性食道炎はストレスで悪化します。

 

「逆流性食道炎」とは、胃から逆流してきた胃酸が食道を溶かして炎症を発症させる疾患のことです。

 

もともと日本人には少ない疾患でしたが、食生活の変化に伴い、近年は急増している状態です。

 

20〜30代の若い人にも多く、欧米化した食事で脂肪分を摂りすぎていることが原因の一つと考えられています。

 

進行すると、潰瘍や食道がんのリスクも高まるので、生活習慣の見直しが必要になってきます。

 

逆流性食道炎の症状は、

 

◎胸やけ

 

◎胸の痛み

 

◎げっぷ

 

◎舌酸(胃酸が上がってくること)

 

◎お腹が張る

 

◎喉の違和感・・・などが挙げられます。

 

その原因は、脂肪分の摂りすぎ、飲酒、肥満、食道裂孔ヘルニア、加齢などですが、

 

ストレスとの関係が深く、強いストレスは逆流性食道炎の症状を悪化させてしまいます。

 

私たちはストレスを受けると自律神経のバランスが乱れてしまします。

 

それによって、胃の中では胃酸が過剰に分泌されますが、胃酸の処理能力が追いつかず、食道まで逆流してしまいます。

 

ストレスを感じると、血流も悪くなるので、胃の内壁のぜん動運動が低下するために起こる症状です。

 

ストレスで、お酒やタバコの量が増えたり、暴飲暴食に走ってしまうことも悪化する原因になります。

 

ストレス解消には、睡眠と適度な運動が効果的です。

 

自分に合ったリラックス方法を見つけて、ストレスを発散して行きましょう。

 

 

>>逆流性食道炎おすすめNO1は<<

1日約99円とリーズナブル

 

 

逆流性食道炎 胸やけ感じていたら要チェック

「胸やけ」「ムカムカ」は、普段から起こりやすい症状ですよね。

 

「食べ過ぎ?」「飲みすぎ?」と自己判断をして放っておく人も少なくありませんが、

 

その症状が頻繁に起こっている場合は、今急上昇中の「逆流性食道炎」かもしれません。

 

もともと、逆流性食道炎は日本人には少ない病気だったんですが、

 

近年では20〜30代の若い世代を中心に増えているそうです。

 

逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流することで、食道の粘膜が炎症を起こすという病気です。

 

では、逆流性食道炎の症状とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

●胸やけ・・・胃がムカムカして気持ちが悪くなります。最も多く見られる症状です。

 

●呑酸(どんさん)・・・酸っぱい胃酸が上がってきて、口の中に広がる症状です。

 

●のどの違和感・・・のどがヒリヒリしたり、食べ物を飲み込む時につかえることもあります。

 

●咳が出る

 

●声がかすれる

 

●食事の途中で満腹になったり、お腹が張る

 

●げっぷ

 

 

逆流性食道炎の原因は、主に食生活の欧米化といわれています。脂肪の多いもの、甘いものを過剰摂取すると、

 

胃酸が多く出るので逆流しやすくなってしまうのです。

 

また、ストレス、アルコール、タバコも大きく関わっています。

 

胸やけを感じやすい人は、自己判断をせずに、一度医師に相談されることをおすすめします。